会員のページ

会員の研究発表や会員個々の活動報告など、
会員相互の交流や情報交換などさまざまな話題を満載したページです。

◇はじめまして 新会員のみなさんのご紹介

一昨年9月以降入会された方のメッセージです。(随時掲載)

◇長谷川憲司さん(30年9月入会)
2018年9月に入会しました。これまで3回ほど定例会に出席して、横歴会のレベルの高さを実感しました。私自身はやみくもに歴史が好きだっただけで、系統立てて勉強したことはなかったので、多面的な広がりと深さを持って学ぶことの重要性を知らされました。私は子供の頃から本、特に歴史小説やノンフィクション物が好きでよく読んでいました。多感な時期、青春時代には多くの書物に接したのですが、実際は理系学部で研究生活に没頭していましたので、その流れでこれまでの職業も選択した次第です。老境に入り、この世の中を造ってきた多くの人々の英知に触れ、様々な観点から新たに勉強したいと考えて参加致しました。今後は終生励んでいきたいと思っていますので、宜しくご指導の程お願い申し上げます。つくば市在住 
◇雨宮美千代さん(30年4月入会)
趣味の散歩ウォーキングで多くの神社・仏閣を回っているうちに狛犬の虜になりました。
ただそこに居るだけの存在ですが、彼らにも歴史があります。
ゴリラや河童のようなユニークな顔つきをしているのも見かけました。
最近は輸入物の大量生産品が増えて残念です。
「もっと色々、もっと深く」知りたがり屋の私ですのでよろしくお願いいたします。

◇真野信治さん(30年6月入会)
横浜市に住み始めて30数年になります。
以前より、この研究会の会員の皆様の研究題材が非常に興味のあることばかりなので、このような先学の方々とお近づきになりたいとも思っておりました。
60歳を機に時間が出来たこともあり、すぐに入会手続きをし、例会に参加しました。
また、以前より日本家系図学会という団体にも所属しており系図系譜の研究に、素人ながらいそしんでおります。
今後ともよろしくお願いいたします。

◇中村康男さん(29年9月入会)
御年68歳、青葉区在住です。還暦を機会に、昔取った杵柄?で、落語の稽古を再開。序でに演芸サークル”楽笑友の会“を旗揚げ、26名の会員数に。そんな活動にプラスとなる江戸の歴史・文化を特に勉強したいと思ってます。素人高座名は浮世亭寿八です。
どうかお付き合いのほど、宜しくお願いします。

◇武田収功さん(30年4月入会)
事象から想像を超え、気がつけば空想の世界へ。昔からこんな愉しみ方?を繰り返していましたが、これではいかんと一から勉強しようと考えました。想像の世界に思いを膨らませ、いつかは たしかなかたち として認識できるように学びたいと思っています。よろしくお願いします。

◇林 久幸さん(30年2月入会)
千葉県旭市生まれ。現在、相模原市南区に40年以上在住。趣味は過去30年以上のジョギング歴。60歳を記念し仲間とホノルルマラソンに出場し、ゴール地点であの有森裕子さん(元オリンピックマラソン選手)とハイタッチしたことがいまも印象に残っています。
古刹廻りが好きで、京都・奈良をはじめ東京周辺、東北等の主なお寺を回るうち、地元の小田原城、後北条5代の歴史に関心を持ち“もっと知ってみよう、そして聞いてみよう、行って見よう”と行動しています当会に入会でき、皆さまと歴史の話ができることを喜んでいます。どうぞよろしくお願いします。

◇加藤泰弘さん(29年12月入会)
昭和21年生まれ。生まれも育ちも横浜南区で、現在も弘明寺の近くに家内と二人で住んでいます。子供の頃から歴史が大好きで大学は迷わず(止むを得ず)史学科に進学。卒業後は歴史とはあまり関係のない港湾物流の世界に身を投じましたが、歴史好きの面目躍如か(?)…古希を迎えて横浜歴史研究会に入会しました。

◇石井昭徳さん(29年11月入会)
福岡県生まれ、山口県育ちで、現在旭区に住んでいます。相模鉄道沿線に居住で、神奈川県は相模の国だと固く信じていました。数年前息子が、「学校で習ったけど二俣川は武蔵の国だったんだよ」と。「そんなばかな」と調べると、横浜市の大部分は武蔵の国でした。足元も知らないことで一杯です。皆さん色々教えてください。

◇高橋正一さん(30年1月入会)
小学生の頃から日本史が好きで、NHK大河は第3回「太閤記」から今もって見続けています。日本史に触れていると、いつも京都が絡んでくるので、しまいに京都も好きになり、61歳から京都太秦に部屋を借り、月のうち平均12日間、洛中洛外を徘徊?しております。
京都に絡んだ歴史研究をしたいと思っております。

◇高田茂さん(29年11月入会)
私は通勤や散歩の途中で良くお会いする近所の渡邊直人氏の紹介で当会に入会しました。
学生の頃から歴史に興味を持っていましたが、会社員生活の終了を機に、某大学の通信教育学部に入学し、なんとか2年で卒業はできたものの卒論は不満足な結果となってしまいました。今後はやり残した卒論のテーマ「古代の日本」を継続して追求していきたいと思っています。

◇清水豪志(ひでし)さん(29年12月入会)
私は落語席好きで、35周年記念行事の寄席を通して、この会を知り軽い気持ちで入会しました。この会を一つの学びの場としたいと思います。趣味は読書ジャンルは有りません。 健康の為ジョギングをしています。現在、某化学会社で再雇用中です。

◇佐藤猛夫さん(29年12月入会)
「サラリーマン 終ってみたら何も無し」ではつまらないと思い、五十代の時五街道を歩いてみました。六十代にはJR全線を隅から隅まで乗ってみました。さて七十代になって何をしようかと考えていたところ、この研究会に誘われ昨年十二月入会致しました。

◇新入会員(平成29年度)

敬称略
1月/野尻忠生、野尻喜代
2月/竹内秀一、東谷由紀(*慶太)*児童会員
7月/吉田圭祐、他1名
9月/針生康弘、中村康男、下垣有加
11月/高田茂、矢島健生、石井昭徳、星見定広
12月/Simon John(サイモン・ジョン)、清水豪志(ひでし)、加藤泰弘、内藤信行、松本政雄、佐藤猛夫

◇新入会員(平成30年度)

敬称略
1月/高橋正一
2月/林 久幸
3月/鈴木美恵子
4月/時田栄子、武田収功(カズヨシ) 、奥住成晴、雨宮美千代
5月/武中正文 大山義雄
6月/木山和義、山崎稔、真野信治
7月/川村 直
9月/長谷川憲司、布川二三夫
10月/大城稜太
11月/玉井 眞
12月/遠田千代吉、川端敏代

◇訃報

平成30年9月19日  石関 貞治氏 (83歳)が亡くなられました。
長い間当会の常任理事を務められ、近年は相談役として会の発展と運営に多大な貢献をされてきました。心よりご冥福をお祈りいたします。

平成30年2月28日  間淵二三夫氏(81歳)が亡くなられました。
創設期の頃から入会され、古代史研究などを数多く発表されていました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

平成29年5月30日 巴 嘉仁氏(64歳)が亡くなられました。
男性会員では最古参で会の発足当初若い会員をリードして積極的な活動をされていました。4月の小田原歴史散歩まで参加されていたので、会員一同驚いています。ご冥福をお祈りいたします。

平成29年12月3日 名誉会長 八城東郷氏(91歳)が亡くなられました。
入会後は会報の編集長を務め、平成20年から二代目会長に就任23年までの間、誠実で優しい人柄で会のために尽力されました。ご冥福をお祈りいたします。

◇平成30年度活動予定

※場所や開催日は変更される場合があります。HPの開催日事前の再確認をお願いいたします。
1月9日(火)定期総会/新春講演 竹村紘一副会長 開港記念会館
新年祝賀会 ホテル横浜ガーデン
2月7日(水)研究発表/大瀬克博・蛭田喬樹・堀江洋之
3月3日(土)研究発表/斎木敏夫・清水漠・木村髙久
4月8日(日)研究発表/中島賢治・村島秀次
4月22日(日)(未定)歴史散歩 谷中界隈(候補地)
5月6日(日)研究発表/丸山雅子・宮下元・高尾隆
5月24日(木)~25日(金)研修旅行バスツアー 常陸・房総(候補地)
5月31日(水)会報「歴研よこはま76号」発行
6月4日(月)研究発表/特別講演:冨沢英二氏「埼玉の城と歴史」・研究発表:加藤導男会長
7月8日(日)研究発表/中村康男・北村邦明・山本修司
8月4日(土)子供歴史教室 場所:大桟橋入口「波止場会館大会議室」
8月21日(火)役員研修会
9月2日(日)研究発表/瀬谷俊二郎・古谷多聞・三觜行雄
10月1日(月)研究発表/吉田友雅・槙良生・竹内秀一
10月13日(土)伝統芸能を楽しむ会
11月5日(月)会場:波止場会館 研究発表/春口健二・森岡璋・進藤洋輔
11月25日(日)(未定)歴史散歩 
11月30日(木)会報「歴研よこはま77号」発行
12月3日(月)会場:波止場会館 研究発表/西山達夫・植木静山・上野隆千

◇活動報告

平成30年度 定期総会・新春発表会・新年祝賀会 1月9日(火)
【第一部・定期総会】
本年度は第一部から第二部は横浜市開港記念会館で、第三部はホテル横浜ガーデンに於いて行われました。
第一部は、針事務局長司会のもと平成30年度定期総会が開催されました。
堀江副会長の資格確認に続き藤盛理事の開会のことばで総会が開始されました。
先ず、加藤会長の挨拶(内容は横歴HPのアーカイブ2018年1月に記載 )があり、続いてご来賓の全国歴史研究会主幹・吉成勇様のご挨拶を頂きました。
●第1号議案から第9号議案まで、議案ごとの説明・審議が進められ、全ての議案について賛成多数で可決されました。(内容は定期総会資料をご覧ください)
新任された役員の挨拶及び各表彰があり、三觜常任理事の閉会のことばで総会を終了しました。

【第二部・新春発表会】
今年も発表のトップとして竹村紘一副会長の「越前朝倉氏の興亡録」を演題に熱のこもった発表が行われました。(内容はHPの研究発表、平成30年度1月例会発表に掲載)

【第三部・新年祝賀会】
新年祝賀会が開催され、上野常任理事・高尾常任理事・宮下理事の司会進行で、堀江副会長の開会のことば、ご来賓の江戸の歴史研究会会長・高橋倭子様よりご挨拶を頂き、菅原顧問の乾杯の音頭と続き、会食・懇談がスタートしました。

今年も80名の参加を頂きました。
暫くの懇談の後、今年はアトラクションとして、藤沢さん(会員の吉田友雅さんご紹介)によるアコーデオン演奏と懐かしのメロディーが披露されました。藤沢さんは70歳半ば過ぎの方ですが約2,000曲を譜面なしで演奏し歌うことが出来るとのお話しでびっくりです。
藤沢さんの演奏で会場も一体となり、昔の歌声喫茶を思わせるような大盛況でした。
その後、懇談とカラオケを楽しみながら宴会は進み、女性全員による合唱そして最後は横浜歴史研究会の会歌を全員で合唱しクライマックスを迎え大変な盛り上がりとなりました。
最後に木村新副会長の閉会のことばで盛会のうちにお開きになりました。                                                   (針靖人 副会長)

◇H30年度横浜歴史研究会 規約改定

平成30年度1月総会において会の規約が改定されました。
横浜歴史研究会規約
横浜歴史研究会政治的目的を定める規程
横浜歴史研究会会報発行事務規程
横浜歴史研究会旅費規程