研究発表

当会では会員の例会発表のレジュメや会報における論文などをホームページ上に随時電子化し掲載いたします。
ただし著者の了解を得られない物や電子化できないものは掲載していませんのでご了承ください。

平成31年度1月例会発表レジュメ

「天下の大器と期待されながらも早世した蒲生氏郷」竹村紘一  ⇒蒲生飛騨守氏郷の講演レジメ

平成30年度12月例会発表レジュメ

「田中正造と足尾銅山鉱毒事件」上野隆千  ⇒明治の気骨田中正造

平成30年度「歴研よこはま No.77」

◎特集テーマ「明治維新」◎
「幕末の分岐点となった小御所会議」竹村紘一 ⇒幕末の分岐点となった小御所会議
「近代日本の先駆者 小栗上野介」丸山雅子 ⇒近代日本の先駆者 小栗上野介 
「元漁師が日本開国に貢献 ジョン万次郎」加藤導男 ⇒日本開国に貢献 ジョン万次郎 
「勝てば官軍」瀬谷俊二郎 ⇒勝てば官軍
「能役者・梅若実の明治維新」近藤政次 ⇒能役者・梅若実の明治維新
「八幡大菩薩と廃仏毀釈」高尾隆 ⇒八幡大菩薩と廃仏毀釈
「土佐藩士の職務移動から幕末・明治維新期の時勢を読む」中村康男 ⇒幕末・明治維新期の時勢を読む 
◎会員研究◎
「社会福祉の先駆者 赤帽子三楽」木村髙久 ⇒社会福祉の先駆者 赤帽子三楽
「徳川氏へ鞍替えした秀吉股肱の武将・堀尾吉晴」竹村紘一 ⇒秀吉股肱の武将・堀尾吉晴
「『大和守日記』 家康曾孫大名の生活と人生 その1」長尾正和 ⇒大和守日記 
「奈良西大寺(興正菩薩叡尊編)」粟光行 ⇒奈良西大寺(興正菩薩叡尊編)
「血塗られたモンゴル帝国史」真野信治 ⇒血塗られたモンゴル帝国史
◎エッセイ◎
「古歌をたずねて~その7『古今和歌集・仮名序』の冒頭文」丹下重明 ⇒『古今和歌集・仮名序』の冒頭文
「安芸武田家の遺跡を訪ねて」高野賢彦 ⇒安芸武田家の遺跡を訪ねて
「名物『秋田了戒』」原靖雄 ⇒名物「秋田了戒」
「江戸時代の窓ガラス」高橋正一 ⇒江戸時代の窓ガラス
「写真の中の井伊直弼像」中島賢治 ⇒写真の中の井伊直弼像
「『いわさきちひろ絵描きです』展を見て」藤盛詔子 ⇒『いわさきちひろ絵描きです』展を見て
「水戸徳川ゆかりの地を訪ねる」植木静山 ⇒水戸徳川ゆかりの地を訪ねる
「石造竜吐手水鉢」雨宮美千代 ⇒石造竜吐手水鉢
「車窓雑記[その2] 佐藤猛夫 ⇒車窓雑記その2
「関ヶ原の戦い~明治維新~平成最後の夏に想うこと ⇒関ヶ原の戦い
「北海道旅行 ダブル=台風・地震遭遇記」古谷多聞 ⇒北海道旅行
「横浜雑感二題」鈴木美恵子 ⇒横浜雑感二題
「こども歴史教室発表を終えて~子育て奮闘記~」東愛子 ⇒こども歴史教室発表を終えて
◎会員の広場◎
「俳壇/歌壇/詩壇」 ⇒「俳句・歌・詩」
追悼の辞「心友の死を悼む」菅原啓一郎 ⇒「心友の死を悼む」

平成30年度12月例会発表レジュメ

上野隆千さん 演題「明治の気骨・田中正造と足尾銅山鉱毒事件」
⇒明治の気骨田中正造

平成30年度11月例会発表レジュメ

森岡璋さん 演題「 松陰日記を読む」(柳沢吉保伝)
⇒柳沢吉保の年表他・レジュメの一部
進藤 洋輔さん 演題「 武田信玄の大将として」
⇒小机城を訪ねて

平成30年度10月例会発表レジュメ

竹内 秀一さん 演題「 神奈川の古代直線官道について 」
配布資料
吉田 友雅さん 演題「 武田信玄の大将として」
⇒武田信玄の大将として
槙 良生さん 演題「 幕末、維新、そして明治を駆けた宇和島藩」
⇒幕末、維新、そして明治を駆けた宇和島藩

平成30年度9月例会発表レジュメ

瀬谷 俊二郎さん 演題「 第0次世界大戦 」(日露戦争)
⇒第0次世界大戦(日露戦争)
三觜 行雄さん  演題「 青い眼をした勤王の志士 」~アーネスト・サトウの果たした明治維新への役割~
⇒蒼い眼をした勤王の志士 

平成30年度7月例会発表レジュメ

中村康男さん 演題「浮世絵で江戸・明治にタイムスリップ!~江戸庶民の暮らしぶりと江戸・明治の様子を覗き見る ~
⇒浮世絵で江戸・明治にタイムスリップ
北村邦明さん 演題「香取文書の売券から見える中世の東国! ~
⇒香取文書の売券から見える中世の東国
山本修司さん 演題諸説あり「島原の乱!
⇒諸説あり島原の乱

平成30年度「歴研よこはま No.76」

◎追悼の辞◎
◇八城東郷さんを偲んで/会長 加藤導男
⇒加藤追悼文
◎会員研究◎
◇美濃の有力武士団土岐一族の興亡録/竹村紘一
⇒竹村論文
◇平清盛が目指したのは重商主義国家?/斎木敏夫
⇒齋木論文
◇「古事記」にはなぜ崩年干支があるか/蛭田喬樹
⇒蛭田論文
◇横浜開港発展小史/植木静山
⇒植木論文
◇華やかな若狭武田家の全盛時代/高野賢彦
⇒高野論文
◇太田南畝の石碑に残された仇討ち秘話/⇒高尾隆
⇒高尾論文
◇鎌倉戦乱シリーズ(その9)
宝治合戦(三浦の乱・三浦一族の滅亡 後編)/山崎宣晴

⇒山崎論文
◇奈良西大寺(称徳天皇編)/粟光行
⇒粟論文
◎エッセイ◎
◇古歌をたずねて~その6 
古歌と音楽「春の夜」/丹下重明

⇒丹下エッセイ
◇歴史上の人物その人気度(雑感)/堀江洋之
⇒堀江エッセイ
◇古事記と「ほうれんそう」/西沢昭
⇒西沢エッセイ
◇武士道を考える/瀬谷俊二郎
⇒瀬谷エッセイ
◇いまなぜ、古代史を志すのか/村島秀次
⇒村島エッセイ
◇強訴の神輿~京都では語れぬ話~/高橋正一
⇒高橋エッセイ
◇第二の故郷 ドイツ・バッサウとエアランゲン/大瀬克博
⇒大瀬エッセイ
◇車窓雑記/佐藤猛夫
⇒佐藤エッセイ

平成30年度6月例会発表レジュメ

加藤 導男さん 演題「前九年・後三年の役」~ 奥州制覇の野望に失敗した源氏 ~
⇒「前九年・後三年の役」
演題「埼玉の城郭とその歴史」
埼玉城郭研究会 松岡 巧さん 冨澤 英二さん

⇒埼玉の城郭とその歴史

平成30年度5月例会発表レジュメ

◇丸山雅子「吾妻鏡に見る梶原景時追放の真相」
⇒景時追放の真相
◇宮下元「石器時代の日本とホモ・サピエンス」
⇒旧石器時代と日本のサピエンス
◇高尾隆「江戸庶民の憧れ・富士講」
⇒江戸庶民の憧れ-富士講

平成30年度4月例会発表レジュメ

◇中島 賢治 「江戸の蔵書家・狩谷棭斎とその時代
⇒江戸の蔵書家・狩谷棭斎とその時代
◇村島 秀次 「2泊3日の邪馬台国ツアー」
⇒2泊3日の邪馬台国ツアー

平成30年度3月例会発表レジュメ

◇斎木敏夫 「極楽浄土への憧れが具現化した九体阿弥陀堂」
極楽浄土への憧れが具現化した九体阿弥陀堂
◇清水漠 「甲斐・武田氏親族(穴山氏の興亡)」
⇒穴山氏の興亡(新)
◇木村髙久 「在野考古学研究者の相沢忠洋とF氏から思うこと」
⇒在野考古学研究者の相沢忠洋氏とFから思うこと

平成30年度2月例会発表レジュメ

◇「晩年の宮本武蔵と細川忠利」 大瀬克博
⇒晩年の宮本武蔵と細川忠利
◇「神武天皇即位 紀元前660年はどのように決められたか」 蛭田喬樹
⇒紀元前660年はどのように決められたか
◇「神皇正統記」誕生秘話をさぐる(北畠親房の夢とは )堀江洋之

平成30年度1月例会発表レジュメ

◇「越前朝倉氏の興亡録」 竹村紘一
⇒越前朝倉氏の興亡録

平成29年11月30日発行 創立35周年記念誌「壮志」掲載

◇源氏一族相克の歴史「常盤御前と子三人の末路」 加藤導男
⇒常盤御前の三人の子の末路 加藤会長
◇『魏志』倭人伝と『日本書紀』 蛭田喬樹
⇒『魏志倭人伝』と『日本書紀』蛭田氏
◇鎌倉戦乱シリーズ(8)宝治合戦(三浦の乱-三浦一族の滅亡)(中編)
「小競り合い〝宮騒動〟とは」 山崎宣晴
⇒鎌倉戦乱シリーズその8 山崎氏
◇「始皇帝の死」と「始皇帝陵考」 粟 光行
⇒「始皇帝の死」と「始皇帝陵考」 粟 光行 
◇「幻の宰相 宇垣一成」 竹村紘一
⇒幻の宰相宇垣一成 竹村紘一氏
◇「戦国期における諏訪家の興亡」 高野賢彦
⇒戦国期における諏訪家の興亡 高野氏
◇「明治期の横浜の謡曲・能楽」 近藤正次
⇒明治期の横浜の謡曲・能楽 近藤氏
◇「宇都宮城つり天井事件」 熊川誠
⇒宇都宮城つり天井事件熊川誠氏⇒いじゅう